妊娠中はお口のトラブルにお気を付けください

妊娠中はホルモンバランスが変化したり、つわりのつらさからブラッシングが雑になったりするため、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。お口のケアにはとくに気を付けなければいけません。もともと虫歯や歯周病がある場合は、母子感染を防ぐためにも出産前に治療することをおすすめします。お母さんのお口の健康が生まれてくる子どものお口の健康に繋がります。

「妊娠中に歯科治療は受けられるの?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。大丈夫です。当院では、お母さんになるための準備期間だからこそ、しっかり病気を治してもらいたいと考えています。こちらのページでは、妊婦さん向けの歯科治療(マタニティ治療)についてご紹介します。

妊娠性歯周炎にご用心

妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になり、「妊娠性歯周炎」と呼ばれる歯肉炎にかかりやすくなります。妊娠性歯周炎は妊娠5~20週目頃からリスクが高まり、症状としては歯ぐきの腫れや出血などがあります。また、妊娠性歯周炎は子宮を収縮させ、早産や低体重児出産のリスクを高めることもわかってきました。

この時期、つわりがあってお口のケアがなかなかできない方もいらっしゃると思いますが、ブラッシングが難しい場合には口をゆすぐだけでも歯周病になりにくくなります。赤ちゃんの健康を守るためにも、妊娠性歯周炎にかからないようにできる範囲でケアをしていきましょう。

治療を受けるタイミング

妊娠中でも、歯科治療を受けられる時期があります。赤ちゃんが生まれると育児にも忙しくなりますので、その前に治療を終わらせたほうがいいでしょう。新所沢駅近くの歯医者「しもやま歯科クリニック」では、マタニティ外来の経験を持ち出産育児を経験した医師が治療を担当します。妊婦さんの健康に十分に配慮しながら麻酔や投薬などをおこないます。妊婦さんの気持ちが良く分かるので、安心してご来院ください。

妊娠初期
(1~4ヶ月頃)
つわりがあり切迫流産の恐れもあるこの時期は、できるだけ治療を避けたほうがいいでしょう。ただし、緊急の場合には対応しますのでご相談ください。
妊娠中期
(5~7ヶ月頃)
つわりも落ち着き、安定期に入ったこの時期がもっとも歯科治療に適しています。一般的な治療であれば、問題なくおこなえます。
妊娠後期
(8ヶ月以降)
陣痛が起きる可能性がある時期に入っているため、できるだけ早めに治療をすませておくようにしましょう。
担当医師プロフィール

下山 陽香

経歴 2005年 日本歯科大学 卒業
同大臨床研修課程 修了
2006年 日本歯科大学付属病院 勤務
2007年 口腔介護リハビリテーションセンター 併任
2010年 マタニティ治療外来
資格 摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士
ホームヘルパー2級
所属団体
  • 日本老年歯科医学会
  • 日本障害者歯科学会
  • 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
著書
(一部のみ)
  • 口から診える症候群・病気
  • マタニティ治療外来~命を育む女性の口腔保健のために~

ご自宅でできるお口のケア

食後には口をゆすぐ
食後にブラッシングするのが理想ですが、体調的に難しいときは口をゆすぐだけでも実行しましょう。また、水やお茶を飲むだけでも効果があります。とくに緑茶には、殺菌作用のあるカテキンが含まれていますのでおすすめです。
フッ素・キシリトールの活用
フッ素には歯質を強くして歯の再石灰化を促す効果があり、キシリトールにはフッ素の働きを助ける作用があります。普段よりも積極的にフッ素やキシリトールを取り入れ、虫歯リスクが高まる妊娠期を乗り切りましょう。
規則正しい生活
お口の健康状態は、免疫力の低下により悪化してしまいます。規則正しい生活を送り、できるだけストレスをためない生活を心がけましょう。免疫力アップとストレス解消には、日光を浴びながらのお散歩などがおすすめです。

妊娠中の方は、新所沢駅近くの歯医者「しもやま歯科クリニック」までご相談ください。

埼玉県所沢市|しもやま歯科クリニック|診療予約

Page Top