見た目も機能性も向上させる、それが審美治療です

口をあけると気になる、白い歯の中の銀歯……。そのせいで、「いつも口元が気になる」「人前での食事に抵抗がある」などのお悩みを抱える方も少なくありません。そういったお口の見た目に関するお悩みを解決するのが審美治療です。

審美治療では、きれいな口元を手に入れるために、気になる銀歯をセラミック製の詰め物や被せ物に替るとともに機能性の向上も図る治療をおこないます。

銀歯とセラミックの違い

銀歯とセラミックには、下記のようなさまざまな違いがあります。

銀歯 セラミック
見た目
審美性 白い歯の中では目立つ 自然な歯のような白さや透明感が再現できるので目立たない
周りへの影響 金属なので、噛み合う歯を傷めることがある 種類によって硬さの調節が可能
歯ぐき 金属イオンが溶けだすことで黒ずんでしまうことがある 影響なし
全身 金属アレルギーの原因になる場合がある 影響なし

銀歯のデメリット

歯科治療に銀歯(金銀パラジウム合金)をはじめとする金属を用いる場合には、次のようなデメリットがありいます。

1
不自然な見た目
北欧などの歯科先進国では、詰め物に銀歯を使用しません。治療のあとがはっきりわかる銀歯では、見た目が不自然になってしまいます。
2
歯と歯ぐきの間の黒い線
表面はプラスチックやセラミックでも、土台に金属を使用している場合には、歯ぐきが後退した際に内側の金属が黒いラインのように見えてしまうことがあります。
3
歯ぐきの黒ずみ
金属は、だんだんとお口の中でイオン化して溶けだします。その溶けだしのせいで、歯ぐきが黒ずんでしまうことがあります。
4
金属アレルギー
イオン化して溶けだした金属が体内に取り込まれると、肌荒れやかぶれなどのアレルギー反応を起こす場合があります。

取り扱い素材・技工物・治療法紹介

新所沢駅近くの歯医者「しもやま歯科クリニック」で取り扱っているセラミックの素材・技工物・治療法についてご紹介します。

オールセラミック

特徴 すべてセラミックでつくられた素材
メリット
  • 自然な白さと透明感を再現
  • 変色の心配なし
  • プラーク(歯垢)などの汚れがつきにくい
  • 金属アレルギーの心配なし
デメリット
  • 欠けることがある
  • 比較的歯を削る量が多い
  • 天然の歯より硬く、噛み合わせる歯に負担がかかることがある
  • 比較的高額
審美性
耐久性
ハイブリッドセラミック

特徴 セラミックと歯科用プラスチックを合わせた素材
メリット
  • 天然の歯に近い弾性あり、噛み合う歯を傷めにくい
  • 自然な白さを再現
  • 金属アレルギーの心配なし
  • オールセラミックより安価
デメリット
  • 審美性はオールセラミックよりやや落ちる
  • 経年によって変色することがある
  • 噛み合わせによっては、使用できない部分がある
審美性
耐久性
メタルボンド
特徴 金属のフレームの表面にセラミックを焼き付けた被せ物
メリット
  • 自然な白さを再現
  • 強度があって耐久性が高い
デメリット
  • 色調や透明感ではやや劣る
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • オールセラミックより安価
審美性
耐久性
ラミネートベニア
特徴 前歯を薄く削った上に薄いセラミック製の板を貼り付け、歯をきれいにする治療
メリット
  • 半永久的に白い歯を保つことが可能
  • 短期間で治療できる
  • 前歯をきれいに整えることができる
デメリット
  • 歯を削らなければならない
  • 比較的強度は劣る
  • 前歯のみ適応
  • 比較的治療費が高額
審美性
耐久性
ファイバーコア
特徴 グラスファイバーでつくられた透明感のある被せ物の芯(コア)。
メリット
  • 被せ物の透明感を損なわない
  • 適度なしなやかさがあり、歯根を傷めない
  • 再治療の際に、取り除くのが容易
  • 金属アレルギーの心配なし
デメリット
  • 歯の状態によっては適応不可
  • 比較的治療費が高額
審美性
耐久性

~院内技工室で質の高い詰め物・被せ物を製作します~

所沢市の歯医者「しもやま歯科クリニック」では、院内に技工室を併設しています。直接患者さんの歯の色や形を確認したうえで技工物を製作するので、患者さんのお口にしっかり合った質の高い技工物をスピーディーにご提供できます。

歯の黄ばみが気になる方にはホワイトニングがおすすめです

歯の黄ばみや茶渋などの着色が気になっていませんか? そのお悩み、ホワイトニングで解決できるかもしれません。ホワイトニングは、飲食による着色や加齢による黄ばみなどを、専用の薬剤で白くする処置です。歯を削ることなく、お好みの白さを手に入れることができます。

歯の白さが与える印象

日本臨床矯正歯科医会による2006年の調査では、「他人の顔を見るとき、まずどの辺に目がいきますか?」という質問に対し、目元が第1位(90%)、次いで口元が第2位(47%)という結果がでました。これを見ると、口元が人の印象に大きく影響していることがわかります。

白く輝く歯は、はつらつとした印象や若々しさ、誠実さなどのよいイメージを与えます。さあ、ホワイトニングで好印象を手に入れませんか?

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で歯を白くする方法です。まず歯の表面に高濃度の薬剤を塗布し、その後特殊な光を照射することで歯の色素を分解して、白くしていきます。1回の施術である程度の効果が得られるため、施術を数回繰り返すことで、より理想的な白い歯に近づきます。結婚式や面接など、節目となるイベントに向け、お急ぎの方におすすめです。

メリット デメリット
  • 1回の処置である程度の効果がある
  • 数回の処置で理想の白さが得られる
  • プロの処置で手間がなく、安全で効果的
  • 処置前に歯のクリーニングをしてもらえる
  • 高濃度の薬剤を使用するため、刺激を強く感じることがある
  • 比較的早く白さが後戻りしてしまう
  • 1回の処置時間が比較的長い
  • 光が届きにくい場所にある奥歯は白くなりにくい

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、ご自分でご都合のいい時間におこなえるホワイトニングです。最初に歯科医院で専用マウスピースを作製し、ご自宅でそのマウスピースに低濃度の薬剤を注入。それを毎日数時間装着して薬剤を浸透させることで、少しずつ歯を白くしていきます。効果が得られるまでやや時間がかかりますが、後戻りが少なく、白さが持続します。

メリット デメリット
  • 低濃度の薬剤を使用するため、刺激が少ない
  • 白さが後戻りしにくい
  • 処置を自分のペースでおこなえる
  • 奥歯まで白くすることが可能
  • 数週間、処置を繰り返す必要がある
  • 色調の調整が難しい
  • 処置を自分でおこなう必要があり、多少の手間がかかる

ホワイトニングの注意点

ホワイトニング前
  • 効果には個人差があります
  • 詰め物・被せ物などの人工物は白くできません
  • 抗生物質や薬剤による歯の変色には効果がありません
  • 口腔内の状態により処置できない場合があります
  • 18歳未満の方や妊娠中の方は処置できません
  • 虫歯や歯周病などのお口の病気やトラブルがある場合は、そちらの治療が優先です
ホワイトニング中
  • 薬剤(ホワイトニングジェル)の使用および管理は、歯科医師の指示に従ってください
  • 施術前にはしっかりブラッシングをしてください
  • マウスピース装着中の飲食・喫煙はできません
  • 施術期間中は、ワイン、カレー、コーヒーなど色の濃い飲食物の摂取や喫煙はお控えください
ホワイトニング後
  • 歯の白さを維持するために、メインテナンスを受けてください

埼玉県所沢市|しもやま歯科クリニック|診療予約

Page Top