「痛い」「しみる」は虫歯のサインかもしれません

「歯が痛い」「歯がしみる」などの症状が気になることはありませんか? もしかすると、それは虫歯のサインかもしれません。

放っておいても虫歯は治りません

「歯が痛い、虫歯かな?」と思っていても、いつのまにか痛みがなくなってしまうことがあります。しかしそれは、虫歯が治ったわけではありません。そのまま放置すると再び痛みが発生するだけでなく、最悪の場合には虫歯が歯根や歯を支える骨にまで広がり、歯を失ってしまいます。

虫歯が進行するにつれて、治療の痛み、治療にかかる時間や費用など、患者さんの負担は重くなってしまいます。「痛い」「しみる」といった症状があったときには、できるだけ早く新所沢駅近くの「しもやま歯科クリニック」へご来院ください。

虫歯を放置することの危険性

  • 自然に治ることのない虫歯は、痛みがなくても症状が悪化していく
  • 安静時でも激しい痛みがでてくる
  • 歯の根元に近づくほど治療が難しくなる
  • 治療の際に痛みが増し、身体的な負担が増える
  • 通院の回数が増え、治療期間が長くなる
  • 治療費の負担が増える

歯がしみる原因は知覚過敏かもしれません

冷たいものを口にしたとき、痛みを感じたりしみたりした経験はありませんか? それは知覚過敏の可能性も考えられます。知覚過敏は、歯の表面にあるエナメル質が削られることでその奥にある象牙質が露出し、刺激が神経へ伝わりやすくなってしまう症状です。

もし痛みがある場合、虫歯なのか知覚過敏なのかをご自分で判断するのは難しいので、放置せずに所沢市の「しもやま歯科クリニック」にご相談ください。

奥歯の痛みは親知らずの可能性があります

前歯から数えて8番目(奥歯の奥)に生えてくる歯、これが親知らずです。親知らずは一般的には抜歯するイメージがありますが、必ずしもそうとはかぎりません。しかし、炎症や痛みが生じる場合には、抜歯をしたほうがいいケースもあります。

もし奥歯周辺で痛みや何らかの違和感がある方は、親知らずの生え方が影響しているかもしれません。症状を放置せず、一度ご相談ください。

しもやま歯科クリニックの予防処置について

埼玉県所沢市|しもやま歯科クリニック|診療予約

Page Top