歯を失ったまま放置しないでください

歯を失う原因には、虫歯や歯周病といったお口の病気の悪化や事故などがあります。失った場所が前歯のように目立つ位置であれば、見た目が気になることもありすぐに補綴(ほてつ)治療をおこなう方も多いかもしれません。しかし、表から見えにくい歯の場合には、そのまま放置されてしまう方が少なくないのです。

歯を失ったまま放置すると、歯並びや噛み合わせが悪くなります。それによって、健康だった歯まで失ってしまう危険性があるのです。見えやすい位置にあるかどうかにかかわらず、歯を失ったときはできるだけ早くもとの状態に戻す必要があります。

自分の歯のように噛めるインプラント

歯を失ってしまったときの治療として近年注目されているものに、インプラント治療があります。インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、セラミック製の人工歯を取り付けることで噛む機能を回復させる治療です。

インプラントに使用するチタンは人体との親和性が高く、顎の骨としっかり結合してくれるため本物の歯と同じように噛むことができます。またセラミック製の人工歯は再現性に優れており、周りの歯とほとんど変わらないため、見た目がとても自然です。

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 自然な噛み心地を取り戻すことができる
  • 自然な見た目
  • 顎の骨が痩せにくい
  • 入れ歯やブリッジのように周囲の歯に負担がかからない
  • 手術が必要
  • 保険適用外のため費用が高額
  • 糖尿病などの全身疾患があると、治療を受けられない場合がある
  • 口腔衛生が保てないとインプラントも歯周病になる

当院のインプラント治療が安全で安心な理由

新所沢駅から徒歩5分の歯医者「しもやま歯科クリニック」では、患者さん安心してインプラント治療をお受けいただくため、以下の4点にこだわっています。

1. 天然の歯と変わらない見た目を再現
2. 患者さんの口腔内に適した器具や補綴(ほてつ)物を幅広くご提案
3. 正確で安全な治療をおこなう、高度な技術と歯科用CTなどの最新設備
4. 患者さんの身体的負担を、できるだけ軽減するための治療技術

~歯科用CTが活躍します~

従来のレントゲンでは、患部を平面的にしか見られなかったため、隠れて確認できない部分もありましたが、歯科用CTでは3次元で画像を取得することができるため、あらゆる部分を細かくチェックすることができます。インプラント治療においては、顎の骨の状態を正確に把握するためになくてはならない設備です。

インプラント治療の疑問にお答えします

インプラントはどれくらい持つものなのでしょうか?
ブラッシングをきちんとおこない、歯科医院での定期検診をしっかり受けていただければ、半永久的に使うことができます。当院では定期検診を通して、インプラント治療を受けた患者さんに、できるだけ長くインプラントをお使いいただけるようサポートします。
ただ、衛生を保てない方はインプラントも歯周病にかかり、ダメになります。

インプラント治療は何歳から受けられるのでしょうか?
骨の成長はだいたい18歳くらいで終わりますが、当院では22歳~23歳以降にインプラント治療を行うことをおすすめしています。

インプラント治療によって周りの歯に影響はありますか?
周りの歯に影響はまったくありません。また、周りの歯の負担を軽くすることもあります。

金属アレルギーがあるのですが大丈夫でしょうか?
インプラントは生体親和性の高いチタン製なので、金属アレルギーのリスクはほとんどありません。心配な方にはアレルギーテストなどをおこないますので、お気軽にご相談ください。

外科手術がありますが、入院は必要ですか?
ほとんどの場合、入院は必要ありません。

多くの方に選ばれる入れ歯

歯を失ってしまった場合にまず思いつく補綴(ほてつ)治療は、入れ歯ではありませんか? 最近ではさまざまな種類の入れ歯ができ、噛み心地や見た目が自然なタイプも増えています。その中からご自分に合った入れ歯をつくれれば、より食事や会話を楽しむことができるでしょう。

インプラントが目立つ現在ですが、新所沢駅近くの歯医者「しもやま歯科クリニック」では、入れ歯にも力を入れており、一人ひとりの患者さんの口腔内に合った入れ歯をおつくりしています。入れている入れ歯が合わない方、はじめて入れ歯をつくろうとされている方は、ぜひ一度ご相談ください。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 治療時の身体的負担が少ない
  • さまざまな症例に対応できる
  • 治療期間が短い
  • 取り外してお手入れができる
  • 噛む力がやや弱い場合がある
  • 慣れるまで違和感がある
  • 入れ歯だとわかってしまうことがある
  • 周囲の歯に負担をかける場合がある

保険と自費の入れ歯の違い

保険適用の入れ歯
自費の入れ歯
素材 レジン(歯科用プラスチック)のみ 見た目や噛み心地を追求したものなど、選択肢が豊富
製作期間 1ヶ月程度 素材によって期間に幅がある
(2~3ヶ月程度)
特徴
  • 噛む力がやや弱い
  • 厚みがあるため、違和感がある
  • 食べ物の温度が伝わりにくい
  • 比較的しっかり噛める
  • 薄く軽い素材でつくることが可能
  • 食べ物の温度が伝わりやすい
  • 耐久性がある
見た目 入れ歯だと気付かれることがある 見た目が自然で気付かれにくい
修理・調整 破損しやすいが、修理や調整は比較的しやすい 破損しにくいが、修理や調整ができないものもある

取り扱い入れ歯紹介

コバルトクロム床
メリット
  • 床部分はもっとも薄いところで0.3mm。熱が伝わりやすく、おいしく食事ができる
  • 金属アレルギーのリスクが低い
デメリット
  • やや重い
おすすめ度 審美性
耐久性
価格
スマイルデンチャー
メリット
  • 抜けた歯の位置や本数によって調整可能
  • 鉤歯(こうし:針金が掛かる歯)が目立たない
  • 保険の入れ歯より安定感がある
  • 金属の鉤歯より安定感がある
デメリット
  • 素材がハイポリマーのため、ほかの入れ歯に比べて修理が難しい
  • 重度の歯周病の場合は、歯に負担がかかりやすい
  • 異物感は従来の入れ歯とあまり変わらない
おすすめ度 審美性
耐久性
価格
レジン床
メリット
  • 部分床の場合、歯の追加や修復が容易
  • 安価
デメリット
  • 床部分がプラスチックのため、温度が伝わりにくい
  • 強度を保つために床が厚くできているため、重く違和感がある
  • 比較的破損しやすい
おすすめ度 審美性
耐久性
価格
(健康保険適用)

埼玉県所沢市の歯医者「しもやま歯科クリニック」では、噛める入れ歯、正確なインプラントどちらも対応しており、患者さんに最適な方法を選んでいただいています。

埼玉県所沢市|しもやま歯科クリニック|診療予約

Page Top