見逃さないで、歯周病のサイン

「ブラッシングのたびに出血する」「歯ぐきが赤く腫れている」「歯がグラグラしている気がする」という症状はありませんか? これらはすべて、歯周病のサインです。

成人の約8割が歯周病

現在、日本人の成人の約8割が歯周病を発症している、もしくはその予備軍だといわれています。歯周病は歯ぐきや歯を支える骨などの歯周組織に炎症が起こる病気ですが、初期段階では症状がでにくく、気が付かないうちに重症化していることも少なくありません。これまでは加齢によって発症リスクが高まる病気とされてきましたが、最近では小中学生にも見られるようになり、低年齢化しています。

日本では、歯を失う原因の第1位にもなっている歯周病。少しでも気になる症状がある場合は、できるだけ早く新所沢駅近くの歯医者「しもやま歯科クリニック」へご来院ください。

歯周病は全身に影響を与えます

歯周病は、お口の中の病気だけではないことが研究報告によりあきらかになっています。歯周病菌が口腔内から血管や気管に入ることで身体中を巡り、さまざまな全身疾患に影響を及ぼしていることがわかってきたのです。

糖尿病 糖尿病と歯周病には、それぞれの症状悪化を誘発する相互関係が見られます。
肺炎 歯周病菌が気管から肺に入り込むと、肺が炎症を起こし、誤嚥(ごえん)性肺炎を引き起こすことがあります。 誤って食べ物が気管に入らないようなトレーニングも当院でできます。
血栓による疾患 歯周病菌は、血管に入ると血栓をつくりやすくなります。そのため血栓が原因となる、心臓病、心膜炎、心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞といった命にかかわる疾患を引き起こすリスクが高まります。
早産・低体重児出産 歯周病菌は子宮の収縮に影響を及ぼすことがあり、そのため早産や低体重児出産を引き起こすことがあると考えられます。

歯周病予防はプラークコントロールがポイントです

テレビコマーシャルなどで聞くことが多くなった「プラークコントロール」。歯みがきのことだと思っている方が多いようですが、実は歯みがきだけを指しているのではありません。プラークコントロールとは、口腔内のプラーク(歯垢)の量を減らすためにおこなうさまざまな方法を総称している言葉なのです。

プラークとは食べかすのことではなく、歯の表面についてしまう黄白色のネバネバした粘質性のある細菌の塊のことをいいます。このプラークの中に歯周病菌が存在し、それらが繁殖することで歯周病の発症につながるのです。

歯周病の原因となるプラークの量を減らすためのプラークコントロールは、予防のための重要なポイントとなります。

歯周病の症状と治療方法

症状 治療法
軽度の歯周病
(歯肉炎)
ブラッシング指導 スケーリング

歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットが少し深くなり、歯ぐきに軽く炎症が起き出血することがあります。痛みはまだありません。

患者さん一人ひとりのお口の状態に合わせたブラッシング方法をお教えします。ブラッシングは歯周病予防・治療には必須ですので、しっかり正しい方法を身に付けてください。

スケーラーという専門器具を使い、ブラッシングだけでは落とせない、プラークや歯石を除去します。
症状 治療法
中等度の歯周病 ルートプレーニング フラップ手術

歯周ポケットがさらに深くなって炎症が進行。顎の骨が溶けはじめて歯がグラつき、歯ぐきが腫れ出血もあります。歯が浮く感じや、口臭もでてきます。

キュレットという専門器具を使い、スケーリングでも取れなかった、歯ぐきの奥深くに付着しているプラークや歯石を除去します。最後に歯根の表面を滑らかにし、プラークなどの再付着を予防します。

局所麻酔をした後に歯肉を切開し、歯周ポケットの奥深くに付着しているプラークや歯石、感染した歯周組織を除去。処置後に縫合します。
症状 治療法
重度の歯周病 GTR エムドゲイン

顎の骨が半分以上溶けてしまった状態。歯ぐきが下がり、歯がグラグラするとともに、膿がでて口臭がきつくなります。さらに進行すると、周囲の歯も抜け落ちる可能性があります。

汚染された組織を取り除き、骨の再生を促す治療を行います。骨再生時に歯肉が入り込まないよう「メンブレン」という特殊な膜を設置するのがGTRです

人工膜を設置する再生治療「GTR」に対し、ゲル状の薬剤を注入して、歯肉の入り込みを防ぎながら骨の再生を促すのがエムドゲインです。

重度の歯周病も当院へお任せください

埼玉県所沢市の歯医者「しもやま歯科クリニック」では、患者さんの大切な歯を歯周病から守るために、最新の技術や知識の習得に励んでいます。習得した技術や知識にくわえ、最新設備機器を駆使した重度の歯周病治療にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

また他院で、歯周病治療の際に「抜歯が必要」といわれた方も、当院の再生治療(失われた歯周組織を回復させる治療)によって歯を残すことができるかもしれません。あきらめずに、一度お問い合わせください。

しもやま歯科クリニックの予防処置について

埼玉県所沢市|しもやま歯科クリニック|診療予約

Page Top