自分の歯を守るためには予防が肝心!

虫歯や歯周病といったお口のトラブルはしっかりと治療することが大切ですが、それ以前に、病気になりにくい口腔内環境をつくるための予防が重要です。

痛くなる前に定期的に予防のための通院を

「歯医者は痛くなってから行くところ」と、お考えの方がまだまだ少なくありません。ですが、それでは症状がひどくなってからの処置・治療となってしまいます。虫歯であれば歯の悪い部分を削り取らなければなりませんし、削った歯は二度ともとには戻りません。治療を繰り返すことで歯にダメージが蓄積するので、結果として歯を失うことにつながってしまいます。

最近では、大切な歯を守るため、「虫歯や歯周病などの病気になる前に予防する」という考え方が浸透してきました。健康な歯を保つという点において、予防はどんなに優れた治療よりも効果的です。ご自分の歯を長く使うためにも、悪くなる前に通院して適切な処置を受けましょう。予防に関するご不明点は、新所沢駅近くの歯医者「しもやま歯科クリニック」にご相談ください。

まずはキシリトールから、予防をはじめませんか?

白樺や樫からつくられた天然の甘味料キシリトールは、虫歯予防に効果があるといわれています。虫歯予防の先進国として有名な北欧のフィンランドでは、実際にキシリトールを用いた予防処置による高い効果が認められています。まずはキシリトールを取り入れることから、予防をはじめてみませんか?

キシリトールの虫歯予防効果について

効果1 虫歯の栄養源となる酸をつくらせない

虫歯菌が糖分を栄養にして酸をつくり、その酸が歯を溶かすことで虫歯になります。キシリトールは虫歯菌の栄養源にならないため、酸をつくらせません。

効果2 プラークをブラッシングで落としやすく

虫歯菌が糖分を分解する際に、ネバネバした物質がつくられます。これがプラーク(歯垢)です。キシリトールはプラークのネバネバをサラサラした状態にするので、毎日のブラッシングで落としやすくなります。

効果3 ガムで歯の再石灰化を促進

キシリトール入りのガムを噛むことで唾液が多く分泌され、お口の中を中和状態にします。さらに、唾液に含まれるカルシウムやリン酸が増えることで歯の再石灰化が促進されます。

効果4 虫歯菌の活動を抑える働き

キシリトールには、虫歯菌の活動を抑制する働きがあります。

キシリトール入りガムの効果的なとり方

  1. 1. 噛むのは食事やおやつのあと
  2. 2. 習慣づけること
         (長時間続けて噛むことは顎によくありませんのでご注意ください)

予防することによるメリット

予防のために歯科医院に定期検診に通うと、次のようなメリットがあります。

メリット1 根本的な改善が図れる

虫歯や歯周病は、口腔内環境の悪化によって発症・進行のリスクが高まります。定期的にチェックを受けることで、原因となる口腔内環境の問題から根本的に改善することができます。

メリット2 痛い治療を回避できる

定期検診を受けることで、初期段階の虫歯や歯周病を見つけることが可能。病気の早期発見・早期治療ができれば、治療時の痛みを軽減できます。

メリット3 医療費を抑えられる

年に数回の定期検診にかかる費用は、虫歯や歯周病の治療費に比べて安くすみます。予防処置を受診して病気にならない口腔内環境を保つほうが、医療費負担を抑えられます。

当院の予防メニュー紹介

定期検診
虫歯や歯周病などの有無を確認し、病気がある場合には治療します。定期的に口腔内の状態を確認することで、患者さんに合った予防処置をご提案できます。
ブラッシング指導
患者さん口腔内の状態に合わせた、ブラッシング方法や歯ブラシの選び方などを指導します。
フッ素塗布
フッ素を歯に塗布する処置です。フッ素には歯質を強化する働きがあります。ごく初期段階の虫歯であれば、フッ素塗布によって虫歯が治癒するケースもあります。
PMTC
歯科衛生士が、専用の器具を用いておこなう口腔内クリーニングです。普段のブラッシングでは落としにくい汚れを、徹底的に除去します。虫歯や歯周病の予防・改善につながり、口臭予防にも効果があります。
噛み合わせチェック
噛み合わせの乱れは、全身の健康に悪影響を及ぼすことがあります。定期的に噛み合わせをチェックし、問題があれば適切な治療をご提案します。

埼玉県所沢市|しもやま歯科クリニック|診療予約

Page Top