セカンドオピニオンとはなんですか?

今かかっている主治医以外の歯科医師に診断や治療方法を求める第二の意見をセカンドオピニオンと言います。

歯科医療にもさまざまな考え方があります。担当している主治医がどの治療分野を得意(専門)としているかによっても治療方針は変わりますし、すべての治療方法を把握しているとは限りません。

つまり歯科医師や医療機関によって提供すべきと考える治療内容も異なる可能性がありますし、専門性の違いにより提供できる治療に限界があることも事実です。

患者様それぞれにおいても希望する治療内容はさまざまだと思います。そこで患者様にとって最善であると思える治療方法を、患者と主治医の間で納得して判断するために別の歯科医師の意見を聴くセカンドオピニオンはとても重要なことです。

セカンドオピニオンはさまざまな治療の選択肢を知ることができ、自分にとって最善だと思える治療を受けることができます。
セカンドオピニオンは転院して主治医を変えることではありません。もちろん主治医のもとで受けることのできない専門治療もあるかもしれませんが、その場合は主治医に相談して連携をとって治療を進めてもらうことも可能です。

永久歯を失ってしまったら二度と取り戻すことはできません。抜歯と診断されて、なかなか受け入れることができない場合はセカンドオピニオンを希望されてはいかがですか?

患者様へ

このようなお悩みありませんか?お気軽にご相談ください。

患者様へ

  • 何回も通院しているのに痛みが続く、治療が終わらない
  • 過去に何度か歯根の治療をやり直しているのによくならない
  • 痛みや腫れがあるのに、経過観察になってしまった
  • この歯はもうダメだから(治らないから)抜くしかないと言われた
  • 歯の神経を取ると言われたが、残したい(取りたくない)
  • 歯が割れている(破折している)から抜くしかないと言われた

このようなケースがあった場合、かかりつけの歯科医院がある場合は病状などをしっかりと把握させていただくために、紹介状をお持ちいただけたら円滑に診察が行えます。ぜひ、お気軽にご相談ください。
※紹介状がない場合でも受付をしております。

ご紹介の流れはコチラ

歯科医院様へ

このようなケースは、お気軽にご相談ください。
(このページの下部から紹介状PDFデータのダウンロードができます)

歯科医院様へ

  • 何度も根管治療しているのに痛みがひかない
  • 再根管治療になる
  • 根管治療の難症例(石灰化して根管がわからない、根尖がかなり開いてしまっている)
  • 根管がパーフォレーション(穿孔)している
  • 根管内でファイル(治療器具)が折れて詰まったままになっている
  • メタルコアや根管内の異物が取れない
  • 歯内-歯周病変で歯を保存できるかわからない
  • 露髄(歯髄が露出)しそうなほど深いう蝕だが痛みはない(抜髄を回避したい)

※根管治療をご希望の際、その後の修復処置は当院では行いません。

ご紹介いただく際の流れ

下部からダウンロードした紹介状に、ご要望の内容を詳細にご記入の上、当医院までFAXを送信ください(FAX:04-2929-8182)。

貴医院からの紹介状FAXを受け取り次第、患者様へ電話にてご連絡させていただき、来院日時を決定いたします。

患者様のご予約完了後、貴医院へその旨をお知らせいたします。
(患者様と連絡が取れない際は、一度貴医院にご連絡させていただきます。)

当医院でのカウンセリング、歯内療法処置後は速やかに貴医院のご予約を取っていただきます。歯内療法終了後の経過観察や修復処置を円滑に進められるように、報告書を送付させていただきます。

紹介状PDFはコチラ(FAX:04-2929-8182)

埼玉県所沢市|しもやま歯科クリニック|診療予約

Page Top